2006年12月12日

ソロソロ夜もくれて来ました

なんでしょうこのありえない記事タイトル。
日記だよまるで。









ああ、あってましt
おちつけもちつけきつねつけ。
どうも、空白の恋人、きつねです。

ちょっと気になっていた言葉を紹介します。
Win-Winの関係とよく言いますが







ウィントゥウィンと思っていたのはきつねだけでないはず!!!!;;;;;;;;

検索して出てこないのでびっくりしました。
で、ありとあらゆる可能性を使って検索したところ

「自分も勝ち、相手も勝つ」――取引などにおいて、関係する両者ともにメリットのある状態であること。
スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣―成功には原則があった!」(ISBN:4906638015)などで知られるが、言葉としてはもっと古いようだ(情報求む)。
ちなみに相手を負かして自分だけ勝つ状態は「Win-Lose」。自分が引いて相手を勝たせる状態が「Lose-Win」で、自分も相手も道連れで損をする状態が「Lose-Lose」。


http://d.hatena.ne.jp/keyword/Win-Win より。

こうらしいです。というか意味はぶっちゃけどーでもいいんです。
重要なことは現実的にこのようなことが起こりうるかということです。
もううぃんうぃんでもいいです。うぃーんうぃーんうぃーんうぃーん。

元が英語なのであれですが、日本語でも意味は一緒と仮定して話を進めます。

そもそも勝ちとは


かち 【勝ち】<

勝つこと。勝利。


大辞林 第二版 (三省堂)より

これはひどい。説明になっていない気がします。
きつねのやり方が悪かったかもしれません。
そもそも勝つとは


かつ 【勝つ】<

〔動詞「勝つ」を名詞に用いたもの〕歌合(うたあわせ)などで、相手に勝つこと。
「左―になりぬ/源氏(絵合)」


大辞林 第二版 (三省堂)よr
きつねぶっちゃけ眠いのに気分転換でこういうことやってます。
精神的な余裕は無いです。
つまり











ここの辞書もう二度とつかわないぞおおおおおおおおおおおどんっ(衝撃)むかっ(怒り)むかっ(怒り)むかっ(怒り)






はぁはぁ。かおまっかです。
おかげで少し頭が冴えた気がしないことも。
ううん知らないけどきっとそう。
もう一度望みを託します。

勝利とは


しょうり  しよう― 【勝利】/ せふ― 【捷利】<

(名)スル

戦い・競技などに勝つこと。

⇔敗北

「―を収める」「戦いに―する」


大辞林 第二版 (三省堂)はもう買いません。
もういいや、ここで自分で定義することにします。
勝つことは何らかにおいて優位に立った状態を指すと考えます。
そしてそれは勝負を行った、またはそのように考えた状態の結果にあります。
と、眠いんでこの定義がどれほど妥当なのかはさておき。
眠くなくても調べる気はさらさらないかもめ。
具体的に言うと

@あ、今あの人こっち向いた。絶対あの人私に気がある!
Aむ、あの子なんだかあの人になれなれしい!ライバル出現!
Bでもでも、視線はこっちを向いてる!あの人は私にやっぱり気があるの!うふふふふふふうふふふふふうfffffffffffffff

このような状態の場合、このカンチガイヤローさんは脳内ライバルより「こっちの『ほう』を見ている」ことをカンチガイして(実際は定かではないですが)気があると解釈しています。つまりライバルより優位な立場にいると考えています。
この時点では勝ちと言えるかもしれません。しかしながら

Cあの人:あいつうぜーw
Dあの子:うけるw

このような場合、あの人とあの子はカンチガイヤローさんより精神的に優位な立場にある(ばかにしているからw)と解釈できないこともないと思います(こういうのを責任逃れ解釈といいまs・・・ううん知らないけどきっとそう)。

この場合、一般常識的に考えるとあの人とあの子が勝ってカンチガイヤローさんが負けるというWin-loseの関係に見えます。しかしながら本当にそうでしょうか?カンチガイヤローさんはほんとに負け組みなのでしょうか?いや、負けそうですが。それがまた面白いんですけどね。
ただ、現時点では勘違いをしているとはいえ、カンチガイヤローさんは優位な立場にいると思っているわけです。今後発展するかもしれません。つまりカンチガイヤローさんの主観に立ってもWin-loseになると思います。

つまり、この場合はWin-Winの関係になるのではないのでしょうか?
100円で売れればいいと思っていた人が定価を150円にしました。
150円でも構わないと思った人が試しに値切ってみました。
売ろうとした人は130円と言いました。
買おうとした人は120円といいました。
売ろうとした人が仕方が無い、お客さんだから125円でいいよもうといいました。
買おうとした人はほくほくです。定価でも構わなかったのに25円安くなりました。
売ろうとした人もほくほくです。100円が125円になりました。

起こると思う人と起こらないと思う人は是非逆の立場で考えて欲しいところです。
解釈は色々できます。
Win-Winは双方の主観的立場にたつことで見えてくる関係ではないのでしょうか?
だからといってWin-loseが世の中の性であることは間違いないと思います。比べたら結局どちらかが優位になるはずです。量的なものでしたら判断はつきやすいですが質的なものの場合判断はつきにくいですが。そもそも勝負を行うまたはそう考える時点でどちらかが負けないとすっきりしません。ごくまれに引き分けもありますけどね。。。
それとLose-Loseもあるとは思います。ただ、この場合でもどっちかがましっていう状況も考えられます。つまり自分も損したけど相手の方が損してるんじゃーみたいなとき。この場合結局自分は勝ったとも判断できないこともないです。苦しいですけどね。

なんでこんな話になったかというと。
ばっくどろっぷ非常勤日記さんのぷろぐで

強者だと思っている者同士が、示し合わせて弱者だと思われている者から、お金や時間を奪い取る仕組みを現す表現の一つか?
(中略)
ビジネス街で、ランチ時にも首からブラブラとIDカードをぶら下げているコンサルタント会社の社員やIT関係の社員が、時折、口にするのを耳にするが、ビックリして思わず顔を見てしまう。

http: //blogs.itmedia.co.jp/takemura/2005/08/post_7cf5.htmlという発言にこっちがびっくりでした。見方を絞るのは構わないんですが失礼じゃないかなーとかね!
まぁ
長いIT産業の経験の甲斐も無く、成長の無いIT音痴の思いこみと勘違いのなんでもコラム

とあるように一直線な方だから仕方ないのかなーとかも思います。
相手を喜ばせて自分が負けたという演技も時にはいるんじゃなーい?

以上愚痴でした。いらいらしてました。明日反省しますたぶんきっと。
なんでちくらないでくださいね(・_・、) グスン
posted by きつねいろ at 03:03| ウィーン | Comment(0) | TrackBack(0) | えふえふ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。